驚きの中性脂肪

健康診断で、中性脂肪の数値が460を指していました。先生も私も、びっくりです。みてくれは決して太っていません。標準体型です。
50代で更年期障害がはじまり、女性ホルモンの分泌が減少し始めていて、更に毎日の中で運動らしきものをしていない、散歩もウォーキングもしていない、こんな生活を送っていました。仕事をしていて時は、無意識に歩いていたようです。仕事をしていた時は通勤に仕事中の移動等でかなり歩いていたのだと、今更ながら仕事の偉大さを感じた次第です。仕事を止め自宅での家事をこなす程度では、あまり運動にはならないことに気付きました。
先生から歩きなさいと言われ、毎日散歩を1時間程行いましたが、あまり改善されませんでしいた。
次に先生から、炭水化物を減らしなさいと言われ、食事のときの炭水化物を少しだけ減らしました。でも、結果はあまり芳しくありません。
もともと、炭水化物はそれ程多くとっていなかったからです。次に先生から、糖質全般特に果物の糖質は要注意で、ぶどうや、柿は注意されました。
そして、体重を減らすことを言い渡されました。
私は、それ程食事の量も多くなく、間食もあまりしません。しかし、何とかしないと中性脂肪は心筋梗塞や脳梗塞の危険が増します。
発病して半身不随や寝たきりになってしまわないように、体重を落とすことを必死に考えました。
そんな時、久しぶりに会う伯父がすっかりスリムになっていたのを見て、どうして痩せたのかを聞き出しました。
伯父は夕食の炭水化物(糖質)を抜いて、その他のおかずは、きちんと摂ることを実践していました。
私は、これだと思い、帰宅したその日から、夕食炭水化物抜きダイエットを始めたのです。サラダが中心ですが、お肉やお魚も十分いただきます。
炭水化物の加工品は少量であれば問題なしです。細かいことはあまり気にしないで、ご飯やパン、うどん、パスタ等は朝ご飯や昼ご飯にいただきます。
ダイエットにつきものの我慢はあまり必要ありません。食べたいものは、活動が活発な昼間に食べるのです。
すると、夕食は軽いサラダ中心の食事で十分満足できるのです。
このダイエットを始めて1ヶ月は体重にあまり変化ありませんが、2ヶ月目中頃から少し減少を始めます。ほんの少しづつですが、減っては少し戻りを切り返します。3ヶ月経過した頃には、2キロ位落ちています。その後、停滞期があり、また少し減少が始まります。
開始して、半年ですが、4キロの減少です。先生にこのダイエットの話をし、検査を実施したところ、中性脂肪が標準値に近くなってきたと褒められました。

いまも、継続して、夕食は炭水化物抜きの食事をしています。体重もキープできています。
あまり、努力しないでできるダイエットは、結構楽しく続けられますのでお勧めです。中性脂肪ももう直ぐ正常値になりそうです。