中性脂肪の値が異常であった事と正常値に戻すための方法

私は会社の定期の健康診断で、中性脂肪の値が250を若干超える数値が出ていて、経過観察を踏まえながらの治療が必要と医者から言われました。何度か健康診断を行っていて、中性脂肪の値はこれまでの健康診断に関しては境界の値でした。境界の数値である事に大丈夫である事を過信して、油物を多く摂ったり、お菓子などの間食を増やしてしまいました。
中性脂肪の値に関して、250を若干超えた数値を見て、年齢を重ねた時に健康である可能性が低くなって、寝たきりになる事に恐怖感を感じていました。実際に250の中性脂肪の値に到達した時も、すでにお腹の周りが85センチ以上にも達していて、メタボの条件を満たしていて、成人病のリスクが年齢を重ねる毎に大きくなっている感じがありました。毎年健康診断を受けて、血液中の脂肪の値については特に気を配っていて、LDLコレステロールが基準値の二倍の数値に膨れ上がっている事にとても愕然としました。LDLコレステロールの減少をしないと、早期のうちに動脈硬化のリスクも高まることを言われて、早急に病気にならないための対策を思い描くようになりました。
私は油分の多い食事に加えて、接待や飲み会などでストレス解消のために飲酒する量が多かったので、お酒も中性脂肪などの数値に影響していると医者から伝えられました。実際に、肝臓の機能を示す数値も高くなっていて、肝臓の機能も低下していることから脂肪官や肝硬変になる可能性が大きくなる事も言われて、将来に対する恐怖感を味わいました。医者からは中性脂肪の数値が大きくなると、将来的に動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まることを言われました。長期的な目線で見ると、取り返しの付かない病気になる事を宣告されて、将来に向けて食事を減量する事を決めました。
LDLコレステロールや中性脂肪の減らし方として、今までの食事を見直すことを念頭においています。時々栄養士を尋ねて、脂肪分や炭水化物の少ない料理の作り方を教えてもらいました。毎日摂取する基準のカロリーより8割のカロリーとして計算しながら、食事療法で血液検査で出た異常な数値を修正する事に努力をしました。
これまであまり運動をしていなかったので、運動で健康をもたらすために体を動かす事を医者から言われました。ウォーキングなどの軽めの運動を毎日続けて、徐々にジョギングなどの酸素を使う運動を継続しました。食事療法と運動療法を継続する事によって、次の健康診断ではコレステロールなどの値はだいぶん正常の域に近づいてきました。