中性脂肪の危険な数値への恐怖、生活の改善。

私は社会人になってからストレスで過食過飲をするようになりました。毎週4回くらいラーメン屋へ行くようになり、お酒は飲みませんが、炭酸飲料を過剰に摂取をしていて、1,5リットルのペットボトルをっ毎日まるまる一本飲んでいました。社会人になってから1年が経ったとき、55kgだった体重がなんと80kgになりました。
同居している両親に心配され、健康診断を勧められました。面倒臭かったですが自分のいわゆるメタボリックな体型をみて少し気になり、健康診断を受けることにしました。
さっそく電話で予約をとり病院へ行き、健康診断を受けました。血圧や心電図、血液検査、尿検査などを済ませて、約90分で終わりました。二週間後に結果が出るとのことで、その日は帰宅しました。
二週間待っている間はなんとなく不安でした。何か異常があったらどうしよう、などと考えすぎて仕事もあまり捗りませんでした。二週間を少し過ぎてから病院から連絡があり、結果を聞きにいきました。
結果は中性脂肪の数値に異常がありました。その他は特に問題ないそうです。それを聞いたときにはただ単に太り過ぎてるから少しダイエットしようかな、などと考えていました。ところが、その数値がかなり危険であるというように伝えられました。数値が50~120が正常の数値なのですが、私はなんと300ありました。平常な人のおよそ3倍以上もあったのです。その数値であると、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの症状を起こす可能性が十分にあるとキッパリ言われました。私はとても怖くなりました。脳卒中や心筋梗塞などはテレビでもよく聞く症状ですし、それで亡くなった方もいます。
医師にどうすれば良いかと聞いたら、とにかく炭酸飲料を断つこと、そして食事も制限すること、そして適度に運動をすること、その3つで改善できると言われました。そして今回は中性脂肪だけが基準値を超えていただけだけれど、こんな生活をしていたら他にも必ず支障をきたすことになるので、とにかく改善するように言われました。
その日から、私は炭酸飲料を毎日飲むことをやめ、どうしても飲みたいときはゼロカロリーのものを飲むことにしました。外食は控え、家で出る健康な食事をとり、間食も避けるようにしました。それに加え毎日30分のジョギングをするようになりました。仕事のストレスは音楽を聴いたり、ゲームをすることで解消するようにしました。
かなり辛い生活でした。普通の人にとっては当たり前の生活でしたが、1年間堕落した生活を送っていたので、慣れるまでに時間がかかりました。とにかく脳卒中や心筋梗塞への恐怖で一杯でしたので、続けることができました。
1か月間くらいはあまり体系は変わりませんでした。1か月目から2か月目にかけてはだいぶお腹回りが引っ込み、3か月経つと体重は65kgになり、15kgの減量することができました。しかし、これはあくまで中性脂肪を下げるためにやっていることで、ダイエットのためではありません。中性脂肪は下がったのかどうか気になり、生活を変えてから約3か月半が経過した頃に病院で再度血液検査をしました。
1週間後に再度病院へ行き結果を聞いてみたらなんと中性脂肪の数値は80代になっていました。正常な数値です。医師からは、このまま健康的な生活を送るように言われました。
その後も健康的な生活を続け、2年半経つ現在でも健康診断はどの項目も引っ掛かりません。安心して生活を送っています。あの恐怖は二度と味わいたくあいません。人間健康が一番です。